備忘録

先日、東京神田にてコミュニティビジネスフォーラム2011に参加してきました。

そこでの基調講演、トライワープの虎岩雅明さんからの経験者ならではの重要なメッセージ。
http://trywarp.com/index.html(特定非営利活動法人TRYWARP)

①「まず大切なことは、ビジネス、ビジネスより、地域での信頼関係づくり。お金には代えがたいサポートにつながる。」

②「仕事とプライベートを分けるため、NPO法人設立時には友達は入れなかった。そのことで仕事の愚痴や悩みを友達に話せて切り替えができた。」

③「コミュニティビジネスに大切なことは、地域課題解決のミッションより先に、ビジネスとして成立できるスキル、覚悟、能力。それがないとコミュニティビジネスは継続・成功できない。」

④「動いている中でコミュニティビジネスの形は変わってくる。先ずは行動して、動きながら変化していくことが大切。」

⑤「ITはツール。ITで人間関係を作るのではなく、顔や個性を知りあう人間関係を作ることが重要で、その基盤があるうえでITツールが活きてくる。地域で顔の見える関係を作ることは必須である。」

虎岩さんは、西千葉地域にて、千葉大在学時からNPO法人を立ち上げ、IT推進・補助活動を
地域密着型で行ってきました。


そんな氏の話には、今後各地域で活動を進めるに当り、とても共感が多く、すでに身にしみて感じるところも多々ありました。

特に①と③は、当り前ですが、なかなか見落としがちな点です。
地域で活動する場合、あくまで主役はその地域の方々。その方々へのリスペクトなくしてはどんなに
素晴らしい活動も継続することはできません。

③も同様に、ボランティアやミッションだけでは推進は不可能です。
そこには、自身や雇用者、関係者が多々関わるのです。また、モチベーションの維持という観点でも、非常に大切な点です。

欧米社会に比べ、日本ではいまだにNPO=ボランティア活動
に近いイメージを持たれがちですが、社会貢献活動がきちんと仕事として成立し、継続していく
スキーム構築と市民意識の向上が大切でないでしょうか。

cash for work の精神を持って!!
[PR]

# by cobolabo | 2011-12-19 11:43 | つれづれ

銚子まちづくり提案最終報告会

こんにちは。ずいぶんとご無沙汰しました。

先週、今週と大きなプレゼンテーションが2つ続いて、てんやわんやで
ようやくの更新です。

そして、2つのプレゼンのひとつが表題にある千葉県銚子市のまちづくり
方策のものです。

こちらは、日本財団さんとNPO法人ETICさん主催による、約4ヶ月間に
およぶプログラムです。

参加者は若手会社員や公務員、学生に至るまで幅広いです。

また、内容としては、全国10地域の半島、離島地区などの活性化方策を検討する
地域イノベーターを養成するものです。

e0241511_2227525.jpg



ところで、イノベーションとは、物事の「新機軸」「新しい切り口」「新しい捉え方」「新しい活用法」(を創造する行為)のことでして、つまり、『イノベーター』とは、

新しいアイデアから社会的意義のある新たな価値を創造し、社会的に大きな変化をもたらす自発的な人・組織・社会の幅広い変革である。つまり、それまでのモノ、仕組みなどに対して、全く新しい技術や考え方を取り入れて新たな価値を生み出し、社会的に大きな変化を起こすことを指す。
(from wikipedia)
です。

当日の発表は各チームごとに、これまでの活性化・仕事づくり提案を発表しました。
一般のゲストや、各地域の受け入れコーディネーターやまちづくりキーマンの方々も
こぞって参加して下さいました。

内容は地域によって密度も視点もバラバラです。

e0241511_22322642.jpg

みなさん本気度が違います。

我が銚子チームのアイデアはというと、、、。風土からの仕事づくり、がメインテーマです♪
具体には長いので割愛します。笑(聞きたい方は個人的に聞いてください)

結果は、スケールの大きなビジョンの提示と、それを実行するためのステークホルダーの
関係性やアイデア・コンテンツまで、かなり踏み込んだ内容に仕上げることが出来、なかなか
満足です。しかも、かなり実現可能性が高い内容です。

年明けに再度銚子市にてプレゼンすることになり、今からワクワクしています♪

e0241511_2236453.jpg


全体発表の終了後は、エンパブリック代表の広石さんの司会のもと、参加者全員で振り返り。

e0241511_2238650.jpg


その後、盛大な交流会♪

e0241511_2238351.jpg

e0241511_22385286.jpg


そして、各アカデミー生には修了書の授与。(感無量)

こうして、みなさん晴れて地域イノベーターとして巣立つ訳です。。(涙)

e0241511_22395966.jpg


銚子チームおよびコーディネータの銚子市役所小足さん、観光プロデューサーの向後さん、
アドバイザー木村乃さんと記念撮影♪

皆さん良い表情しています!

ホッと息をつくのもつかの間、これからまた新たなステージに突入して各地で
イノベーションを起こしますよ!!
[PR]

# by cobolabo | 2011-12-12 22:45 | まちづくり(銚子)

銚子市まちづくりフィールドワーク2

みなさんこんばんは。

先日、千葉県銚子市の第二回まちづくりフィールドワークに参加してきました!

e0241511_1858810.jpg


あら、銚子市の駅前風景。観光宣言するかと思いきや、この路上駐車はおもてなしとは
かけ離れた光景。何とかしないと♪


さて、やっぱり銚子といえば新鮮な魚なわけですよ。
で、丼屋七兵衛さんのどんぶりランチ↓

e0241511_1902715.jpg


特製塩たれでつくったサンマのどんぶり定食、¥1,000!!安くてうまい。

今回のフィールドワークは、銚子市のアテンドではなく、我々自身で工程を決めました。
それは、本来まちの姿を知るには、やはり自分の足で歩いて、現場の人と話す、これしか
地域資源を見つけ出す方法はないと感じたからです。

e0241511_1931665.jpg

e0241511_1934830.jpg


やはり自分で歩いて話をしてみると、銚子の生活スタイルや習慣、慣習まで色々と見えてくる
ものがあるわけです。

e0241511_195069.jpg


結論、銚子は陸の孤島であり、昭和の香り漂う古き良き日本が残っているということでした。

2日目には地域のキーマンの方々にお集まりいただき、我ら銚子チームのまちづくりアイデアを
各々がプレゼンしました。

12月の最終プレゼン、そしてその後のまちづくりに今回の提案がどれほど、そしてどのような
形で生かされるかは銚子の方々が決めることですが、少なくとも、我々5人が2回のフィールドワークを終え、侃々諤々で議論して作成したアイデアは、決して無駄にはならないと思います。


今後の銚子市の明るい未来を創りだすためにも、今一度銚子の皆さんが地域を見直し、評価し、
将来のために何が必要なのかを見極めていただければ幸いです。


最終提案までしっかりとアイデアを作っていきたいと思います!
[PR]

# by cobolabo | 2011-11-16 19:11 | まちづくり(銚子)

須賀川物産販売

こんにちは。

震災からもうしばらくで8か月が過ぎようとしています。
マスコミの熱もいつの間にか冷め、世間の関心ももはや東北からは
離れつつあるのではないでしょうか?

まあ、そんなこんなな日常ではありますが、私のふるさと福島県は
まだまだこれからが復興だと言わんばかりに、前向きにPR活動に
励んでいます!

そして昨日は、西武園遊園地にて福島県須賀川市の物産販売のお手伝いに
参加してきました!

開催母体は須賀川物産振興協会さんで、常務理事の渡邉さんと福島県の
中小企業診断士の菅野さんです!

どちらも福島人の私の大先輩です♪

e0241511_18105248.jpg


開始は10時からだったのですが、当日はJRの忘れもの市やフリーマーケットも
同時に開催されていたこともあって、早くから人出が大勢いました。。

私は、夏に会津でボランティアに参加した際に福島の物産販売には参加させて
もらっていたので、初心者よりは幾分玄人です。

e0241511_1813534.jpg


須賀川市はきゅうりの路地栽培では全国一位の生産量を誇ります。

e0241511_18135038.jpg


また、福島県はくだもの王国でもありますね。『サンフジ』です。
ほかにも柿やらナスやらトマトも採れたてで販売です!!

e0241511_18143587.jpg


ちなみにこの青いボトルはキュウリ焼酎。
ほのかにメロンのような香りが漂い、お客様は物珍しげに皆足を止めていました。

ほかにもキュウリにちなんだ『キュウリ麺』(麺にきゅうりが練りこまれている)
などもありましたし、それを味噌ときゅうりとで食べる『カッパ麺』が今須賀川では
非常にアツいそうです!!

(ここだけの話ですが、私はきゅうりが唯一絶対の嫌いな食べ物です。どのタイミングで
それを言おうか。タイミングをうかがう。。笑)

e0241511_182012100.jpg


こちらは須賀川銘菓の『くまたパン』
中には餡子がぎっしりはいった揚げ饅頭のようで、砂糖がふんだんにまぶしてあります。
みのもんたの『県民ショー』でも紹介されたそうです!

須賀川の親戚からよくお土産にいただきました。

e0241511_18213254.jpg


こちらはたまごケーキ。本日の売れ筋No1です!!完売!!

そんなこんなで、お二人の大先輩と終始和やかな雰囲気で物販は無事に終了!!

で、その後は当然所沢のまちで親睦会です。
こちらも終始笑いが絶えない最高の会合でした!!

(やはり、ここでもきゅうりが嫌いだとは口が裂けても言えませんでした。苦笑。
おそらくそれを聞かれたら一撃で私は須賀川出入り禁止になってしまいます。笑)

最後に菅野さんから、『こんど須賀川に来たらキュウリ焼酎でカッパ麺食べましょうね!』
とっても温かいお言葉ありがとうございます☆+最高の苦笑い(→スミマセン、絶対ムリです。。)


本当に大先輩のお二人、ありがとうございました!
こんな須賀川名産キュウリ大っ嫌いな私ですが、これからもどうぞよろしくお願いします。笑!!
[PR]

# by cobolabo | 2011-11-06 18:29 | 震災復興

備忘録

コミュニティビジネスサポートセンター代表理事永沢先生ブログより
地域資源発掘の方法

①「地域課題、困りごとを探せば、その表裏として地域資源を見つけることができる」

②「ヒト、モノ、金、情報と分けて整理していくと地域特有の資源が見つかりやすい」

③「現場に足を運んでコミュニケーションをとることが地域資源を再発見するうえで重要」

④「外からの視点で地域の魅力、資源を発見してもらうと効果的」

⑤「1点突破としてわが地域のNo1を地域資源としてプロモーションしていく」



このなかでも、③は特に重要かと思いますね。

実際に、地域の人から見た日常は、よそ者から見れば非日常の場合が多々あります。
そして、それが地域の強みであり、何よりの資源なのだと思います。

それは実際に自身で現地に足を運んで、話しをする。それでしか得ることができません。


まちおこしに関わらせていただくなかで、ずっしりと耳に響く言葉です。
[PR]

# by cobolabo | 2011-10-31 13:19 | つれづれ