形態は・・・

皆さんお元気ですか?

さて、今回は昨日からずっと考えて気になっていること。それは、

『形態は機能に従う』

という言葉です。
これは、現代建築の三大巨匠の一人、建築家フランク・ロイド・ライトの師である建築家ルイス・サリヴァンの言葉です。

この言葉はドイツの近代建築・デザインで有名なバウハウス等でも踏襲され、モダニズム建築に脈々と引き継がれる『機能主義』に行きつく原泉です。

つまりは、物の見た目、形は、その機能に従う、従属するという考え方です。

さて、それでは『機能』とは一体何か?
通常は物に備わる働きを意味し、例えば、ある組織の部分が担う役割のようなものを意味します。

人間の体の中で胃を例に例えると、人間が取り込んだ食物を一定時間貯留し、消化するなど、そういったものが機能として考えられます。


そこで、では機能は何に基づいて決められ、発生するのか?

先の言葉に従えば、形態が従う機能とは先天的に何か定められた物の様に、前提条件の様に言われていますが、機能とはそのような固定的なものなのか?

はたまはある変化を伴う流動的なものなのか。

機能を決めるにはそれを統合する、より上位の概念が必要になります。
重複しますが、機能とはある部分が担う、全体の中のある役割なのですから。

ではその全体とは何か?
色々と考えてみたのですが、それはやはり『目的』なのでしょう。


例えば、建築では一般に、各スペースや諸室についてリビングやら廊下やら名前を付けます。
設計者やデザイナーにとってその諸室での行為や機能の存在は、もはや疑う余地のない、ある種の前提条件の様なものなのです。

しかし、本当にそれらは決まり事のように固定されたものなのでしょうか?
仮にそれら諸室の機能を統合するある建築やデザイン全体の目的を考えてみると、それらは時系列に見ても、ユーザーの属性によっても変化をしていくものなのです。

つまり、目的とは流動的なものであって、決して固定されたものではないのです。
となると、必然的に、各部分の機能そして形態とは、決して固定化されたものではなく、ある種の流動性を伴うものなのです。

各設計者やデザイナーが恐らく無意識的には理解しているものの、あえて整理するならば、

①機能⊃形態
②目的⊃機能
つまり
③目的⊃形態

ということになるのでしょう。

物のデザインを考えるときには、機能を包含するその上位の目的を意識的に考え、思考を解放することで、行き詰まっていたものが昇華するかもしれません。これは当たり前なのですが、だからこそ意外と忘れられがちな行為でもあるのです。また、逆を言えば、デザインされた物の目的が変化した場合、その機能や形態は必然性を帯びることはなくなります。

つまり、目的を設定する段階で、ある程度普遍性を帯びた、揺るがない信念を伴う目的を設定すれば、結果として斬新な形態が生まれるのではないでしょうか。


長々となりましたが、このテーマは非常に興味深いので引き続き考えてみたいと思います。
[PR]

# by cobolabo | 2012-01-09 00:00 | 建築・デザイン

新年

皆様、新年明けましておめでとうございます。

今年も宜しくお願い致します。

昨年は東北三県、とりわけ故郷福島県は未曾有の災難のあった年でした。
また、この状況は相も変わらず、今年も、これからも永く続くことと思います。

常に、故郷に対して自分が何ができるか、何を返すことができるか、そのことを胸に
一年を頑張りたいです。

そんな状況の中でも、お正月の帰省の際、福島・会津はいつもの故郷でした。

e0241511_11591875.jpg


昔の緩やかで、穏やかで、静かな福島に戻ることのできるよう、具体の行動に移していきたいと
思います。
写真は、会津若松駅に停車していた電車です。

佇まいが懐かしい感じがしたので記念の一枚。


さて、とりとめもない感じになりますが、昨年末に一年を漢字で表させていただきましたが、
今年一年を漢字一文字で希望を込めて表すとするならば、『開』です。
想いは色々とありますが、年末の総括時にでも振り返ることが出来れば幸いです。

それでは、今日から始動!
一気に加速度付けて駆け抜けます!
[PR]

# by cobolabo | 2012-01-05 12:00 | つれづれ

練馬コミュニティビジネスメンバー会合

みなさん こんにちは。

早いもので、今年も残すところあと数日となりました。

今年はあまりに沢山の喜怒哀楽がありすぎ、一言では言い表すことの出来ない一年となりました。
もちろん、故郷福島の惨事も含めてのことであります。

私なりに、敢えて今年を漢字一文字であらわすのならば『転』でしょうか。
転には転機、転倒、転回などさまざまな言葉が思いつきますが、自分のすべての動きがこの一文字で
表されているような気がします。


さて、そんな一年の中でも、今年は地元練馬区の皆様との貴重な出会いがありました。
きっかけは、区主催のコミュニティビジネス講座です。
(コミュニティビジネスとは、ビジネス手法を用いて社会課題を解決するという意味です)


社会起業家やらCSRやらと、何かと社会貢献とビジネスとをリンクしての話題が多い昨今、実際に活動されている方や活動準備・興味を示している方は、震災の影響もあってか、私の知る限りでもかなりの数に及びます。そして、その分野たるや様々です。


そんなこんなで、先日はそういった意識の高い方々と打ち上げと称した忘年の飲み会でした!!

e0241511_91127.jpg

e0241511_912268.jpg


場所は、西武池袋線江古田駅近くの鳥料理酒屋『竹山』さんです。

集まったメンバーは、食をキーワードに地域活動を計画されている方々、デザインやコピーライティング力を生かした地域密着型プロデュース業を検討している方々、教育をキーワードに活動を検討している方々など様々。

我々も練馬区の地域資源を用いたまちづくりを検討しており、皆が情報や意見の交換をして大変盛り上がりました。

また、中には実際すでに活動されている方もいらっしゃり、貴重な話をお聞きすることが出来ました。

このつながりを大切にして、来年に向けてさらなる発展ができればと思います。


そして翌日は、近所でお世話になっている同じく会津出身の建築家の方と練馬区光が丘の喜多方ラーメン屋さんでランチ。


e0241511_973494.jpg


たまに無性に食べたくなるあの優しい味。
美味しかったです♪


さてさて、本当に今年は公私ともに色々と動きのあった激動の一年でしたが、来年はこれを礎として、大きな飛躍の年となればと思います。

引き続き皆様どうぞ宜しくお願い致します。


PS:あっ、竹山さんの鳥料理、とても美味しかったです。江古田は未開拓な町ですが、近いので個人的にまた訪れたいと思います!!
[PR]

# by cobolabo | 2011-12-28 09:13 | つれづれ

感じる服考える服展

こんにちは。

昨日は、東京オペラシティアートギャラリーで開催された『感じる服考える服』展に行ってきました。


e0241511_10203864.jpg


当展示会は、会場構成を建築家の中村竜治さんがやっておられます。
中村さんのデザインについては以前拝見したインスタレーションから、非常に興味を持って見ています。

昨日のデザインは、会場全体に鉄製の梁を目高で縦横無尽に掛けるというもの。

通常、人は空間を認知するとき、壁と床の接点のコーナー部分、素材の境目等を視覚で感じることで
距離感や位置関係を把握しますが、意図的に視線の高さでそれら視覚機能を『不自由』にすることで、それ以外の器官が自ずと研ぎ澄まされ、空間を認知しようと脳が働きます。

(写真が撮れないのが残念!)

また、それら不自由な空間構成により、通常の歩行とは異なる動きに基づき、デザインされた洋服を普段は見慣れないアングルから見ることで、新たな発見や気づきがあります。

展示の中でも、アンリアレイジ/ケイスケカンダさんの洋服デザインは、通常の服飾におけるスケール感を覆し、新たなスケールで作り直したもので、非常に面白い試みでした。

中村さんの会場デザインと相まって、相乗効果が発揮されていました。

そのほかにも、ミナ・ぺルホネンさんやら、キルトによる和室の再構築をしていた提案など、参考になるデザインが数々!!

おもしろかったです。


e0241511_10301980.jpg


で、最後はクリスマスのイルミネーションということで!!
[PR]

# by cobolabo | 2011-12-22 10:32 | 建築・デザイン

備忘録

先日、東京神田にてコミュニティビジネスフォーラム2011に参加してきました。

そこでの基調講演、トライワープの虎岩雅明さんからの経験者ならではの重要なメッセージ。
http://trywarp.com/index.html(特定非営利活動法人TRYWARP)

①「まず大切なことは、ビジネス、ビジネスより、地域での信頼関係づくり。お金には代えがたいサポートにつながる。」

②「仕事とプライベートを分けるため、NPO法人設立時には友達は入れなかった。そのことで仕事の愚痴や悩みを友達に話せて切り替えができた。」

③「コミュニティビジネスに大切なことは、地域課題解決のミッションより先に、ビジネスとして成立できるスキル、覚悟、能力。それがないとコミュニティビジネスは継続・成功できない。」

④「動いている中でコミュニティビジネスの形は変わってくる。先ずは行動して、動きながら変化していくことが大切。」

⑤「ITはツール。ITで人間関係を作るのではなく、顔や個性を知りあう人間関係を作ることが重要で、その基盤があるうえでITツールが活きてくる。地域で顔の見える関係を作ることは必須である。」

虎岩さんは、西千葉地域にて、千葉大在学時からNPO法人を立ち上げ、IT推進・補助活動を
地域密着型で行ってきました。


そんな氏の話には、今後各地域で活動を進めるに当り、とても共感が多く、すでに身にしみて感じるところも多々ありました。

特に①と③は、当り前ですが、なかなか見落としがちな点です。
地域で活動する場合、あくまで主役はその地域の方々。その方々へのリスペクトなくしてはどんなに
素晴らしい活動も継続することはできません。

③も同様に、ボランティアやミッションだけでは推進は不可能です。
そこには、自身や雇用者、関係者が多々関わるのです。また、モチベーションの維持という観点でも、非常に大切な点です。

欧米社会に比べ、日本ではいまだにNPO=ボランティア活動
に近いイメージを持たれがちですが、社会貢献活動がきちんと仕事として成立し、継続していく
スキーム構築と市民意識の向上が大切でないでしょうか。

cash for work の精神を持って!!
[PR]

# by cobolabo | 2011-12-19 11:43 | つれづれ