You Make The Rule

こんにちは。

今日は東京も雪。寒いですね。

さて、先日、新宿のOZONEで開催された建築家/谷尻誠氏の『You Make The Rule 再描写を試みる家展』を見に行ってきました。

e0241511_9133252.jpg

e0241511_9134783.jpg


谷尻さんについては、以前から雑誌等のメディアを通してかなり関心をもっていました。
ようやく実物(笑)、いや本人にお会いして話を聞くことが出来ました。

今回の企画は、加藤孝司さん(ジャーナリスト)、山野英之さん(イラストレーター)(前の事務所でほんの少しやりとりさせてもらったことあります!)とのトークショーで、再描写という試みがつくるもの、と題したものです。

会場には、谷尻さんが計画した発泡スチロールでできた家があり、(スケールも実寸です♪)非常に魅力的な会場構成になっていました。

e0241511_9183370.jpg

↑これ全部発泡スチロールですよ。笑

以下、トークで気になったことをまとめ

・モノやコトを読み違える能力・感覚は大事(ex.赤ちゃんが、モノに対して本来の用途と違ったものを見つけ出すことなど)

・社会やコトの枠組みを作っているルールを一旦再定義する必要がある。(ルールを解かすということ)

・サイズ感には個人個人のものがある(個人の感覚でアジャストできるという考え)

・予定調和を超えた、やりとりを通じたモノの生成。結果として、ユーザーと完成品との間にできる余白の必要性。(未完という完成形)

・普段の研鑽を意識的に積むことで、無意識を意識的にやれるようにすること。
(陸上の為末さんを例に、走るコースや相手によって走法を変えて普段練習することで、レース当日はその練習が無意識に発揮されるということ)


そもそも、谷尻さんが発泡スチロールで家を作ったのは、『人の作る建物が、人の命を奪う』ということに矛盾を抱いており、先の震災前から思っていたそうです。

e0241511_9273939.jpg


e0241511_928431.jpg


また、これらを作る過程で、メンバーとやりとりしながら、現場で削ったり切ったりして加工しながら作ることで、想像していた以上のものが完成されたという充実感を感じたそうです。


最近、建築を設計するときに心がけていることは、『外よりも気持ち良い室内をどうすれば作ることが出来るか』ということ。

また今後、試みたい家づくりは『太陽の光のみで生活する家』だそうです。
とても魅力に満ちた話でした。

本当に共感が多く、興味深い話ばかりでした。
これまでの作品をレビューすると、当日聞いた話と作品とがしっかりとリンクしてきます。

今後も要チェックの方ですね!!
[PR]

# by cobolabo | 2012-01-20 09:36 | 建築・デザイン

ラーメン 2012

こんにちは。

激動の2012年が始まり、1月も早半分が過ぎましたね。時間の流れは本当に早いものです。
なので、限りある時間があるうちに、というわけでもないですが、(笑)最近チョコチョコと
またラーメンを食べ歩いたのでいくつかピックアップ!

まずはこちら↓

e0241511_910236.jpg


西武池袋線の中村橋駅徒歩5分ほどに位置する『麺や河野』

以前にも一度伺ったことはあったのですが、どうしても近所に行きつけの美味しいラーメン屋
さんがないものかと再訪。

御覧の通り、見た目は純粋な醤油ラーメン。
節系の出汁に生醤油の風味を生かしたシンプルな味です。メンマは恐らく手作り。

また、これまで数多くのラーメンを食べましたが、なかなか『麺が美味しい』という感想を持った店は正直ありませんでした。が、こちらは『麺や』というだけあって、普段あまり麺に対して関心を持たなかった私も自ずと麺に気を取られました。

そのくらいここの麺は美味しいです。スープは生醤油を生かしていてきらいではないのですが、味のレイヤー(自分流の造語)つまりコクが少し足りない気が。

☆☆☆★★です!!

また来ようと思います。


次はこちら↓

e0241511_903794.jpg


JRお茶の水駅徒歩3分『博多龍龍軒』

お茶の水駅前で食事処を探していてたまたま見つけたトンコツラーメン屋さんです。
店内はお昼時ということもあって、会社員や明治大生らしき学生でごった返していました。

ラーメンは、博多でトンコツを食べるとこんな感じなのかな?というくらいシンプルなもの。
ただ、それがなかなか美味いのです♪

最近はラーメン屋さんも色々とこだわりを生かして差別化を図っていますが、こちらはど真ん中ストレート勝負!

お茶ノ水に行く際にはまた伺うと思います。
☆☆☆☆★です!!


最後はこちら↓
e0241511_962437.jpg


故郷会津若松駅前のハンバーガー屋(ドムドム)跡地にできた『めでたいや』

以前から市内にあった有名店の姉妹店です。
これまで駅前にはなかなか美味しいラーメンを食べることのできる店がなかったため、新しい試みで
評価できるのではないでしょうか?

特に、観光客にとっては、知名度のある店のラーメンが駅至近で味わえるということで、とても受けると思います。味もまあまあでしたよ!

☆☆☆★★です。


以上、2012年一発目のグルメリポートでした。
[PR]

# by cobolabo | 2012-01-16 09:11 | グルメ

備忘録

最近面白い記事を見つけたので少し。

『なぜデザインが必要なのか』について。

①優れたデザインはユーザーの間口を広げる
・優れたデザインや心地の良いUIは、ユーザーに対しサービスを「まず使ってみよう」という気持ちにさせる力を持っている。
・スタート段階で多少の機能の不足や不具合があったとしても、その後の改善に期待してユーザーの気持ちを繋ぎ止める要素になる。
・逆に、ソフトウェアとしての完成度が高いサービスであっても、デザイン性に欠ければ、その魅力が伝わる以前に入り口自体を塞いでしまうため、大きな機会損失が発生する。



②携帯性が強いプロダクトにはデザイン性が求められる
・PCブラウザ上でしかサービスが利用できない時代から、iモードをきっかけに携帯電話からもインターネットにアクセスできるようになり、近年ではスマートフォンの普及及びアプリ配信プラットフォームの整備により、モバイル端末におけるネイティブアプリという形でのサービス提供も広がりを見せている。
・これに伴い、ユーザーが「サービスを携帯している」感覚が強くなってきているのではないかと考えている。
・ファッションアイテムなどを例に取れば分かるように、携帯性の強いものほどデザイン性が求められるのは当然の流れ。



③優れたデザインは女性ユーザーをグリップする
・女性のスマートフォン人口の伸びからも分かるように、近年はWebサービスのビジネスターゲットとして女性を無視できない状況になっている。
・女性は男性に比べ見た目や感性を重視する生き物ですので、女性に訴求するためには優れたデザインが必須となる。
・また、古いデータではありますが、女性は男性に比べ口コミの発信量が約2倍との調査結果もあり、サービスを広げる施策としても女性をグリップすることが重要。



④優れたデザインはグローバルな共通言語となる
・優れたデザインやUIは、言語ローカライズ不要のコミュニケーションツールとなり得る。
・近年、大きな志を持ってスタートアップするサービスはそのほとんどが当初からグローバル展開を意識していますが、その意味でもデザインは世界で成功するための登竜門として位置付けられる要素ではないか。


日本ではなかなか物の『デザイン』に対する意識や認識がまだまだ普及していないようですが、アップルの普及により、『デザイン』という定量化にしくいものの価値について、少しずつ広まっているのではないでしょうか?

そんな中でも、上記の記事は非常に示唆に富んだものです。

AとBというものを検討する際、よりデザイン検討されたAの方が良いよね?という漠然としたものから、より根底にある、デザインに対する強い意図が理由づけされています。

それは、モノやコトがヒットするためには必要な十分たる条件なのでしょう。
つまり、モノ、コトを企画する際、しっかりとインサイトに訴える、戦略に基づいたデザインはもはや必須ということでしょう。

なぜデザインが必要なのか?そしてなぜ人がそれを選ぶのか?

とても興味深いテーマです。
[PR]

# by cobolabo | 2012-01-10 15:28 | つれづれ

形態は・・・

皆さんお元気ですか?

さて、今回は昨日からずっと考えて気になっていること。それは、

『形態は機能に従う』

という言葉です。
これは、現代建築の三大巨匠の一人、建築家フランク・ロイド・ライトの師である建築家ルイス・サリヴァンの言葉です。

この言葉はドイツの近代建築・デザインで有名なバウハウス等でも踏襲され、モダニズム建築に脈々と引き継がれる『機能主義』に行きつく原泉です。

つまりは、物の見た目、形は、その機能に従う、従属するという考え方です。

さて、それでは『機能』とは一体何か?
通常は物に備わる働きを意味し、例えば、ある組織の部分が担う役割のようなものを意味します。

人間の体の中で胃を例に例えると、人間が取り込んだ食物を一定時間貯留し、消化するなど、そういったものが機能として考えられます。


そこで、では機能は何に基づいて決められ、発生するのか?

先の言葉に従えば、形態が従う機能とは先天的に何か定められた物の様に、前提条件の様に言われていますが、機能とはそのような固定的なものなのか?

はたまはある変化を伴う流動的なものなのか。

機能を決めるにはそれを統合する、より上位の概念が必要になります。
重複しますが、機能とはある部分が担う、全体の中のある役割なのですから。

ではその全体とは何か?
色々と考えてみたのですが、それはやはり『目的』なのでしょう。


例えば、建築では一般に、各スペースや諸室についてリビングやら廊下やら名前を付けます。
設計者やデザイナーにとってその諸室での行為や機能の存在は、もはや疑う余地のない、ある種の前提条件の様なものなのです。

しかし、本当にそれらは決まり事のように固定されたものなのでしょうか?
仮にそれら諸室の機能を統合するある建築やデザイン全体の目的を考えてみると、それらは時系列に見ても、ユーザーの属性によっても変化をしていくものなのです。

つまり、目的とは流動的なものであって、決して固定されたものではないのです。
となると、必然的に、各部分の機能そして形態とは、決して固定化されたものではなく、ある種の流動性を伴うものなのです。

各設計者やデザイナーが恐らく無意識的には理解しているものの、あえて整理するならば、

①機能⊃形態
②目的⊃機能
つまり
③目的⊃形態

ということになるのでしょう。

物のデザインを考えるときには、機能を包含するその上位の目的を意識的に考え、思考を解放することで、行き詰まっていたものが昇華するかもしれません。これは当たり前なのですが、だからこそ意外と忘れられがちな行為でもあるのです。また、逆を言えば、デザインされた物の目的が変化した場合、その機能や形態は必然性を帯びることはなくなります。

つまり、目的を設定する段階で、ある程度普遍性を帯びた、揺るがない信念を伴う目的を設定すれば、結果として斬新な形態が生まれるのではないでしょうか。


長々となりましたが、このテーマは非常に興味深いので引き続き考えてみたいと思います。
[PR]

# by cobolabo | 2012-01-09 00:00 | 建築・デザイン

新年

皆様、新年明けましておめでとうございます。

今年も宜しくお願い致します。

昨年は東北三県、とりわけ故郷福島県は未曾有の災難のあった年でした。
また、この状況は相も変わらず、今年も、これからも永く続くことと思います。

常に、故郷に対して自分が何ができるか、何を返すことができるか、そのことを胸に
一年を頑張りたいです。

そんな状況の中でも、お正月の帰省の際、福島・会津はいつもの故郷でした。

e0241511_11591875.jpg


昔の緩やかで、穏やかで、静かな福島に戻ることのできるよう、具体の行動に移していきたいと
思います。
写真は、会津若松駅に停車していた電車です。

佇まいが懐かしい感じがしたので記念の一枚。


さて、とりとめもない感じになりますが、昨年末に一年を漢字で表させていただきましたが、
今年一年を漢字一文字で希望を込めて表すとするならば、『開』です。
想いは色々とありますが、年末の総括時にでも振り返ることが出来れば幸いです。

それでは、今日から始動!
一気に加速度付けて駆け抜けます!
[PR]

# by cobolabo | 2012-01-05 12:00 | つれづれ