<   2012年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

最近思うこと

こんにちは。

先日、福井県の大飯原発の再稼働が概ね決定されました。
この議論については、政府の首相含めた4閣僚主導のもと、非常に閉鎖的な状態で進められてきました。私はこの結果について、残念というよりも判然としない思いがとても強いのです。


この再稼働問題については、『原発の安全性が担保できないならば再稼働反対』という主張と、『関西地域の夏の電力需給に問題が生じる、ついては、国の経済活動に甚大な被害が生じるため、再稼働賛成』という主張との対立構図のもと、永く短い議論の結果、再稼働という結論がなされたのです。


そもそも、国や地方の経済成長と国民の生命とを天秤にかけ、尊さを争うことができるものなのでしょうか?
この議論については、よく卵が先か、鶏が先かという、経済と安全性とを戦わせる意見もみられますが、答えは誰の目にも明らかです。
『安全性、国民の命がより尊い』ということです。


では、そんなに危険な原発はすぐにでも全てを廃炉として、未来の素晴らしいクリーンエネルギーを導入すれば良いのか?

そんなことはできるはずもありませんし、現実的ではありません。
ただ、仮に福島レベルの事態が他地域で発生した場合、原発立地の県に留まらない周辺広域が、その先数十年に渡って生活できる土地ではなくなることは起こり得ますし、最悪の場合、国の機能が完全に麻痺する恐れさえもあるというのが、我々が福島の事故から得た原発の怖さでもあり教訓でもあるのです。


それならばいま、国として大事な思考というのは、福島の事故(あえて人災と想定して)を教訓として、

経済活動、地方の雇用問題、諸外国との関係性等、様々な条件を加味して、やみくもに原発を廃止できない

状況に対して、

どうすれば将来的に安全性を確保したエネルギー供給を段階的に進めていくことができるか?そのために、経済的ロスを最小限にしながら進める手法は何か?


ということを、全市民的に知恵出しをしてオープンに議論をしていくことではないでしょうか。


よく、国の政治の特徴を語る際に、中国やロシアは、昔から政治とその取り巻きとの癒着の色が強いと言われます。私は、この特徴は日本も勝るとも劣らないと考えています。一方で、その島国的ムラ社会のなかで、戦後の急激な経済成長を遂げてきたのも事実ですし、それが日本社会の強みでもあったわけではあります。


ただ、もうこの構図で国が成長できる段階ではありません。
この構図に配慮し、限られたメンバーで閉鎖的に議論を進めて、50年先の国の将来を拙速に決めてしまうのは、まさしく『泥縄的』な進め方です。もし、できないのならば、少なくとも現状で国民の信を問い、信頼を受けた政府、政治家が進めるべきことです。
(こう言いながらも、これほど空しい意見はないのですが。)


私は現在、この国の政治やそれを報じるメディアに、とても判然としない気持ちを持っています。
そして、この国民として当たり前な主張をする私は、決して原理主義者ではありません。
[PR]

by cobolabo | 2012-06-20 09:57 | つれづれ

フューチャーセッション@こだいら

こんにちは。

先日、小平市の嘉悦大学で開催された『フューチャーセッション@こだいら』なるイベントに参加してきました。

こちらは、小平のNPO『Mystyle@こだいら』の竹内さんが事務局を務め、また、知り合いでもある中小企業診断士の小野さん(小平市民)が登壇されるとのことで、ワクワクしながらの参加でした♪


e0241511_90305.jpg

老若男女、熱い想いを持った参加者がたくさん来ていました。


まずは、ゲストによるトークセッションです。
メンバーは、『フューチャーセンターをつくろう』の著者であるの野村恭彦さん、教育コンサルから柏市議になり活躍中の山下洋輔さんや松戸市役所の職員の方など、これまでの活動について語ります。


e0241511_942049.jpg



その後は、参加者が早い者勝ちでまちについて語りたいテーマをあげて、各テーブルごとに立場や肩書を捨てて、行政、企業、NPO、市民が混在してのワールドカフェです♪

e0241511_9572.jpg


(ちなみに私は、『儲け話』というテーブルにしました。笑)

e0241511_9654.jpg

e0241511_962386.jpg


最後は各テーブルごとに議論した内容を紙粘度などを用いて形にします。
そしてたっぷりの振り返りの時間です。



以上こんな感じでしたが、参加者の気になったコメントや自分なりに整理したことをまとめると以下。

○まちには立場を超えてベクトルが同じ人と出会う場が必要
○フューチャーセンターとは、自分にできる小さな一歩がみんなの役に立つと実感できる場所
○市民をリスペクトして、日ごろの肩書や殻を脱ぎ捨てることによって気付きを得た(松戸市役所職員)

つまり、フューチャーセンターとは、
○『対話の為の専用空間』『人と人とのつながり』『企業や社会の変革装置』
○多様な主体による討論を通じた思いの共感と実行への足がかり、きっかけ
○行政、企業、NPO単体では解くことのできない社会課題をイノベーションにより解決する場のこと



最後に、フューチャーセンター6つの原則を野村さんの著作から一部引用します。

①フューチャーセンターでは、思いを持った人にとっての大切な問いから、全てがはじまる
②フューチャーセンターでは、新たな可能性を描くために、多様な人たちの知恵がひとつの場所にある
③フューチャーセンターでは、集まった人たちの関係性を大切にすることで、効果的に自発性を引き出す
④フューチャーセンターでは、そこでの共通経験やアクティブな学習により、新たなよりよい実践が創発される
⑤フューチャーセンターでは、あらゆるものを試作する
⑥フューチャーセンターでは、質の高い対話が、これからの方向性やステップ、効果的なアクションを明らかにする




これまで経験してきたワークショップやワールドカフェの位置づけが、自分の中で随分と整理されたような気がしました。日本でもすでに行われているものを、野村さんが改めて体系だてて、明文化したものがフューチャーセンターなのでしょう♪


以下、野村さんの著書からの引用

新しい未来を創る最善の方法は、あるテーマに関心のある人を集め、好奇心、敬意、友情を分かち合いながら、何が出来るかを検討し、そこで描いた未来を創るためにともに行動することにコミットする


もう、旧態依然とした物の進め方や中身の空っぽな形式的な合意形成は止めにしましょう♪
東京はにしがわから変わりつつあると実感した一日でした。
[PR]

by cobolabo | 2012-06-15 09:33 | ワークショップ

次世代型のまちのしくみのヒント

私には、かねがね考えていることが二つあります。

互いに共通していることは、『まちにあったらいいな』ということと、『何かしらまちや商店街の課題解決の突破口になるな』ということです。長い前置きは抜きにして、それは何か?


まずひとつめは、イギリスロンドンで話題になっているという、『ザ・ピープルズ・スーパーマーケット』です。しくみの詳細は以下のリンクを参考いただくとして、概要としては、

①今後人口減少する日本でもキ-になるだろう『シェア型』のしくみ
②4000円の年会費を支払うと商品を1割引で購入できる
③会員は月に4時間ほど店の手伝いをする
④総会は会員総出で開催する(店のしくみや商品も会員で決める)


http://blog.goo.ne.jp/oshigotoo/e/658c5636bf50fd07b4585f1cf78f57e1

http://maoko.blog.ocn.ne.jp/blog/2011/05/post_d6c1.html

http://ngswysk.dtiblog.com/

一見、スーパーVS消費者という構図を当たり前に考えてしまいますが、その垣根を取り払ったところに面白さがあります。『地域のスーパーを自分ごととして会員が育てるしくみ』とでもいいましょうか。


もうひとつは、鹿児島のデパートの再生事例『マルヤガーデンズ』です。
http://www.maruya-gardens.com/

こちらは、すでにご存じの方も多いかもしれませんね。
売り上げ向上に悩んでいた老舗デパートが、フロアのいち部分を地域活動団体(NPOやサークル)にシェアさせて、再生させたというものです。

つまり、従来の①デパート利用客の人出に併せて、②地域活動団体の人出+③活動に参加・見学する人出、を生み出したのです。


①の利用客が②③との関係を築いたり、またその逆でもあったりと、この相乗効果を引き出し、デパートが見事に生まれ変わったそうです。
消費をするのみの場であったデパートに地域コミュニティを組み込む手法は面白いですね。
既存のハードに新しい価値を見出す手法を導入したのです。

確かに、人が集まれば、結果としてデパートの売り上げが見込める可能性も高いですからね。
こちらも、デパートVS消費者という、普段常識と考えていた構図を変えたところに発想の面白さがあります。


ここで、私の大事なネタを激白。笑
私の個人的な見立てでは、『デパートを90度反転⇒商店街』かと、ずっと考えています。

つまり、階層ごとに様々な商品を取り揃えているデパートは、日本に昔からあった商店街を立体化させたものである。ただ、デパートというしくみが発展する過程で、商店街に昔からあったコミュニティや人と人との関係が骨抜きにされてしまった、ということです。


これらのことから、次世代型のまちのしくみづくりのヒントが隠されているのかもしれませんね。
[PR]

by cobolabo | 2012-06-08 09:48 | 建築・デザイン

まちとの関わり方


こんにちは。

東京も少しずつ梅雨の気候を感じ始める今日この頃ですね。

さて、今日はまちとの関わり方について考えてみたいです。
私個人は、これまでいくつかの地域活動に参加させていただくなかで、大きく気付いたことが
あります。

それは、『地域で活動するということは、多様な関係者との関係性無しには語ることはできない
ということです。
一見あたりまえに思えることですが、なかなか実現できていないことが多いです。


それでは、地域には具体的にどういった主体がいるのか、ダイアグラムで示しますと、

e0241511_1323346.jpg



こういうことですね。
つまり、行政、住民をはじめとして、商店街やJAなどの組織、また、最近ではNPOなど、多くの個人、組織が主体として考えられます。

これら多様な主体の関係性は、このダイアグラムが示すような、行政を中心に各主体がバランス良い力関係で協働することが本来望ましいですし、これまでの日本社会では、この関係で上手く地域づくりを進めてくることが出来たという『幻想』に浸ってきました。


しかしながら、私個人がこれまでいくつかの地域で活動させていただく中で感じたものは以下のような関係性です。

e0241511_1382956.jpg




つまり、地域でのパワーバランスは必ずしも均一ではなく、関係性に歪みが生じています。


戦後の復興から高度成長期を経るに従ってつくられたこの関係性の歪みを強制して整理することは容易ではありませんが、ここを直さなければ健全なまちの将来を望めないのも事実です。


地域活動をするに当って、ある主体が、単なる自己実現やパフォーマンスのために振舞うことはもってのほかです。


自分の中で望ましいと思える地域の将来を描きながらも、地域の各主体の方とやりとりをし、現場の声に耳を傾け、決して上目線ではなく横目線で地域に寄り添い、地域や現場が本当に何を求めているのか?何を望ましいと思っているのか?
そして、そのために障害となっていることは何なのか?

この意識をもって地域と付き合っていくのが良いのではないでしょうか。
[PR]

by cobolabo | 2012-06-06 13:21 | つれづれ