ネットスーパー、宅配サービスの潮流

こんにちは。

表題にもある『ネットスーパー、宅配サービスの潮流』について簡単に思うことをまとめてみます。


昨今、イオン、セブン&アイホールディングス(セブンイレブン)といった大手スーパー、コンビニ各社が、高齢者等をターゲットした宅配事業に力を入れ始め、いよいよ都市部での展開も兆しが見えています。


足腰が悪く、遠くのスーパーまで歩くことのできない高齢者や、昼間仕事が忙しく、なかなか食材を購入して料理する時間の無い方にとっては、家に居ながらにして料理にありつけたり、買い物ができてしまうのですからとても便利なシステムです。


これら宅配サービスについては、多くの企業が参入しており、今や、食材や弁当に限らず、飲料から日用品まで、ありとあらゆるものが家に居ながら、お金さえあれば手に入れることのできる時代になりました。


また、インターネットを利用する方にとっては、facebookやmixyといったSNSの発展により、好きな時間に好きな方とweb上でつながり、飽きたらログアウトして自分だけの時間を楽しむという、希薄な人間関係ならば家に居ながらにして容易に手に入れることが出来るようになりました。


つまり、他者とオフラインでつながることがなくとも、一定の日常生活については、webをメインとしたオンラインサービスを利用することで完結してしまう時代になったのです。


ただし、この傾向が今後強まるならば、近隣とのつながりづくりは面倒くさく、必要のないものと位置づけられ、地域の商店街なども存在意義がなくなり、今まで以上に加速度的に減少していくでしょう。


人は楽なサービスを享受すると、より楽なものを求めますし、企業もそのニーズに合わせて開発します。
戦後の日本社会が、経済成長の代償に失ってきたものが、ネットスーパー・宅配サービスの潮流によって壊滅的なダメージを受けることになるというのが、今の時点での私の仮説です。


さあ、そろそろ手立てを考えないと、今よりも大幅に人口が減少した30年後には、虫食いの空家だらけの、人通りの少ないゴーストタウンが日本の各地に現れてしまいますよ。
[PR]

by cobolabo | 2012-10-05 15:16 | つれづれ