フューチャーセッション@こだいら

こんにちは。

先日、小平市の嘉悦大学で開催された『フューチャーセッション@こだいら』なるイベントに参加してきました。

こちらは、小平のNPO『Mystyle@こだいら』の竹内さんが事務局を務め、また、知り合いでもある中小企業診断士の小野さん(小平市民)が登壇されるとのことで、ワクワクしながらの参加でした♪


e0241511_90305.jpg

老若男女、熱い想いを持った参加者がたくさん来ていました。


まずは、ゲストによるトークセッションです。
メンバーは、『フューチャーセンターをつくろう』の著者であるの野村恭彦さん、教育コンサルから柏市議になり活躍中の山下洋輔さんや松戸市役所の職員の方など、これまでの活動について語ります。


e0241511_942049.jpg



その後は、参加者が早い者勝ちでまちについて語りたいテーマをあげて、各テーブルごとに立場や肩書を捨てて、行政、企業、NPO、市民が混在してのワールドカフェです♪

e0241511_9572.jpg


(ちなみに私は、『儲け話』というテーブルにしました。笑)

e0241511_9654.jpg

e0241511_962386.jpg


最後は各テーブルごとに議論した内容を紙粘度などを用いて形にします。
そしてたっぷりの振り返りの時間です。



以上こんな感じでしたが、参加者の気になったコメントや自分なりに整理したことをまとめると以下。

○まちには立場を超えてベクトルが同じ人と出会う場が必要
○フューチャーセンターとは、自分にできる小さな一歩がみんなの役に立つと実感できる場所
○市民をリスペクトして、日ごろの肩書や殻を脱ぎ捨てることによって気付きを得た(松戸市役所職員)

つまり、フューチャーセンターとは、
○『対話の為の専用空間』『人と人とのつながり』『企業や社会の変革装置』
○多様な主体による討論を通じた思いの共感と実行への足がかり、きっかけ
○行政、企業、NPO単体では解くことのできない社会課題をイノベーションにより解決する場のこと



最後に、フューチャーセンター6つの原則を野村さんの著作から一部引用します。

①フューチャーセンターでは、思いを持った人にとっての大切な問いから、全てがはじまる
②フューチャーセンターでは、新たな可能性を描くために、多様な人たちの知恵がひとつの場所にある
③フューチャーセンターでは、集まった人たちの関係性を大切にすることで、効果的に自発性を引き出す
④フューチャーセンターでは、そこでの共通経験やアクティブな学習により、新たなよりよい実践が創発される
⑤フューチャーセンターでは、あらゆるものを試作する
⑥フューチャーセンターでは、質の高い対話が、これからの方向性やステップ、効果的なアクションを明らかにする




これまで経験してきたワークショップやワールドカフェの位置づけが、自分の中で随分と整理されたような気がしました。日本でもすでに行われているものを、野村さんが改めて体系だてて、明文化したものがフューチャーセンターなのでしょう♪


以下、野村さんの著書からの引用

新しい未来を創る最善の方法は、あるテーマに関心のある人を集め、好奇心、敬意、友情を分かち合いながら、何が出来るかを検討し、そこで描いた未来を創るためにともに行動することにコミットする


もう、旧態依然とした物の進め方や中身の空っぽな形式的な合意形成は止めにしましょう♪
東京はにしがわから変わりつつあると実感した一日でした。
[PR]

by cobolabo | 2012-06-15 09:33 | ワークショップ