みんなのいちば 買い物支援事業第二回代表者会

こんにちは。

先日は練馬区さんと練馬区の3商店会さんとで第二回の買い物支援事業代表者会を行いました。
今回の話し合いは第一回の内容を踏まえて、6月のモデル実施に向けた具体の事業内容を皆で話しました。


手ぶらで買い物』を実現するために、どのようなサービスにすれば良いか。うまく運用していくために、どうシステムを簡略化するか。そのために商店会はどう協力すればいいか。



話の中で、練馬区からは案を作り込み過ぎずに、骨子レベルで商店会の代表者に提示することで、地域の方々から有益な意見や的確な課題等を抽出することができました。

ただ、個人的に思うより重点を置くべきことは、今後の話し合いの中に、いかにしてより地域にお住まいの区民の方々の意見を取り入れていくかということかと思います。



そのためには、実際にサービスを利用する地域住民に会合に参加いただく方法もあると思いますね。
また更に、商店街での買い物の利用者属性は、その大部分が主婦で女性のため、そういった方々をどう議論や活動に巻きこんでいくか、ポイントはそこだと思います。


モデル開始まであまり時間はありませんが、我々も本題の移動販売を検討しつつ、手ぶらでサービス事業の方にも積極的に意見をあげて、地域のみなで盛り上げていくとこのできる事業にしたいものです。
[PR]

by cobolabo | 2012-04-23 12:45 | まちづくり(みんなのいちば)