まちが元気になるということ(後篇)


それでは『まちが元気になるということ』後篇です。
視点を変えて、はじめに一般に言われるまちの活性化事例に目を向けてみましょう。



まずは全国的に優等生事例として有名な、滋賀県長浜市の『黒壁』による取り組み。

『黒壁』とは、1988年に『黒壁銀行』保存を目的として民間企業8社と長浜市によって設立された会社です。黒壁は、1989年から、当時ちょうど世界的なトレンドであったガラスをテーマにして、ガラス館やら工房などをメインにしたまちづくりを開始しました。



具体的には、黒壁が周辺の空き家や空き店舗の土地を買い取りまたは借り上げて、黒壁のイメージで統一的なデザインで魅力的な商店街に再生させたのです。
ここでキーになるのは、権利者との根気強い交渉力とそれを可能にする組織力と資金耐力をもつまちづくり会社の存在です。
この活動を皮切りに、長浜の市街地の約70件の空家・店舗が埋まったそうで、いまでは年間約230万人が訪れる観光地となっています。



では次に、これまた有名な香川県高松市の丸亀商店街のケースをみてみましょう。こちらは、『不動産の所有と使用の分離』で有名です。どういうことか?
経済産業省によると『不動産の有効活用の促進のため、不動産の流動性を高める手法である』??ますます分かりにくいですね。



要は、土地やそこに建つ建物に対して、『定期借地権』や『定期借家権』を利用して、土地・建物の利用権を実質的な所有権の帰属を変えずに、低利用の所有者から、利用率の高い所有者に移転させることなのです。



一般に再開発という手法は、建築敷地を容積率いっぱいに高度利用して、業務床のテナント料金にて事業費を回収するものですが、丸亀の事例では、借り手の金額負担を軽減して借りやすくしたのです。(専門的な話は出来る限り避けます)借り手の事業負担分が軽くなるということは、どこかがリスクを負うことになりますが、丸亀の場合は地権者がそのリスクを負うことで、テナントの流動性を確保したのです。



まあ、それ以外にも、計画に携わった都市計画家の西郷真理子さんによると、住居と商業の建物用途を程良くミックスしたり、アーケードと建物高さのバランスを考慮して建物を高くなりすぎないに配慮したりなど、様々な工夫を凝らしたようです。
これにより現在の丸亀商店街の通行量は、事業前の1.5倍、売り上げは3倍に伸びたそうです。



ただし私見ですが、この二つの事例で注意すべきと思うことがあります。

まず一つ目は、黒壁の事業により観光客は増えたものの、地元住民にとって必ずしも楽しいまちにはなっていないこと、そして、今後は地元の人々が楽しめる空間づくりも考慮していかなければならないという課題が残ったことです。つまり、『観光客が楽しいまち≠地元の人にとって楽しいまち』ということです。


二つ目は、丸亀の再開発に関わった西郷さんは、丸亀のまちににぎわいをとりもどすポイントとして、計画地の中心にシンボル的なものをつくることをあげています。しかし、それによってはたして本当に賑わいが戻るのかという点については、私は甚だ疑問です。

そして、いずれの事例もハード整備ありきな側面が非常に強いことです。これからのまちづくりにおいては、ソフトも加味した事業バランスはとても重要だと思うのです。




以上を総括しつつも、ここで一旦、私が思う元気で魅力的な街を具体的にイメージしてみます。



まずは、子供のころに親に連れて行ってもらった会津若松市内の神明通り商店街のイメージです。当時、神明通り商店街にはデパートが3店ほどあり、アーケードの先を見通せないほどの人出で活気にあふれていました。子供ながら、そこに行けば何かが起きるワクワク感というのでしょうか、そんな気持ちを抱いて親に連れて行ってもらっていたことを今でも鮮明に覚えています。


また、最近まち歩きした中では、吉祥寺や根津はとても興味深いまちですね。


これらに共通するものは『人が集まる』その結果として『人のコミュニケーションが生まれる』そこにつきるのではないでしょうか。人が集まれば、自然と挨拶や会話、売買や飲食を通じたコミュニケーションも起きますしね。
まちが元気になるということは、意外とそんなところなのかな、と最近は思っています。
つまり、活性化指標などという仰々しい何か定量化できるものではなく、単純に人の往来やコミュニケーションが発生する≒まちが元気になるということではないでしょうか?
そう考えると、前段で話しましたように、まちに関わる関係者の利害関係は単純化できませんから、まずは商店街全体の目的を『人がいっぱい集まるようにする』と単純化することで、何か方策は見つけられるのではないでしょうか?



目先の利益や人口増加に目を奪われるから話が複雑になるのであって、『人の往来が少ない』状況に対して『人がいっぱい集まるようにする』という目的を設定することで、そのための方法を関係者みなで考え、自分達が出来る範囲でそれを実施していけば光が見えるのではと思います。


これまでの話は、あくまで既存の中心市街地を活性化するという仮定に対しての私見です。


ただ、冒頭でお話しした、中市街地がもはや地域の中心足り得ていない、という難題への改善策にはなっていませんので、それについてはまた別の機会にお話ししたいと思います。
[PR]

by cobolabo | 2012-03-30 22:01 | つれづれ