皿海佐多子Bag展

こんにちは。

先日、私がアトリエ事務所に在籍していた当時、はじめて住宅の設計の担当をさせていただいたクライアントさんの奥様の展示会にお邪魔しました。


e0241511_10455214.jpg

※この場をお借りして、無断転写ご了承下さい。


このクライアントさんは、旦那さん(石川聡さん)がグラフィックデザイナーで、奥様(皿海佐多子さん)がバッグのデザイナーという、ご夫婦ともにクリエイターをなさっていらっしゃる方です。ちなみにHPはコチラ↓

ご夫婦のユニット『IS-HOUSE』さんです。
http://is-house.net/



皿海さんの展示にご招待いただいた時には、出来る限り顔を出すようにしています。



何度か展示を拝見させていただく中で、Bagのデザインの変遷が私はとても興味があるのです。






それは、形態、素材感、縫製やその他のディテールまでというように。
私はBagの分野には精通しておりませんが、直観的なデザインと、機能的なディテールのバランス感覚がとても良いのです。(生意気にもスミマセン。)




当時の事務所メンバー何人かと一緒に展示を拝見した後には、近くの素敵なイタリアンレストランにて石川さんご家族と我々とで美味しい食事を囲みながらしばし歓談。




石川さんご家族の近況から、当時の事務所メンバーの直近の話まで、各々が色々と活動をしていて、
とても良い時間を過ごすことができました。



石川さん、今後とも宜しくお願い致します。





こちらは竣工後にいただいたトートBagです。今でも愛用させていただいており、持ち手の革の素材の経年変化がたまらなく好きなのです。(私は無類の革フェチです。苦笑)

e0241511_10545851.jpg

[PR]

by cobolabo | 2012-03-14 10:59 | 建築・デザイン