備忘録

最近面白い記事を見つけたので少し。

『なぜデザインが必要なのか』について。

①優れたデザインはユーザーの間口を広げる
・優れたデザインや心地の良いUIは、ユーザーに対しサービスを「まず使ってみよう」という気持ちにさせる力を持っている。
・スタート段階で多少の機能の不足や不具合があったとしても、その後の改善に期待してユーザーの気持ちを繋ぎ止める要素になる。
・逆に、ソフトウェアとしての完成度が高いサービスであっても、デザイン性に欠ければ、その魅力が伝わる以前に入り口自体を塞いでしまうため、大きな機会損失が発生する。



②携帯性が強いプロダクトにはデザイン性が求められる
・PCブラウザ上でしかサービスが利用できない時代から、iモードをきっかけに携帯電話からもインターネットにアクセスできるようになり、近年ではスマートフォンの普及及びアプリ配信プラットフォームの整備により、モバイル端末におけるネイティブアプリという形でのサービス提供も広がりを見せている。
・これに伴い、ユーザーが「サービスを携帯している」感覚が強くなってきているのではないかと考えている。
・ファッションアイテムなどを例に取れば分かるように、携帯性の強いものほどデザイン性が求められるのは当然の流れ。



③優れたデザインは女性ユーザーをグリップする
・女性のスマートフォン人口の伸びからも分かるように、近年はWebサービスのビジネスターゲットとして女性を無視できない状況になっている。
・女性は男性に比べ見た目や感性を重視する生き物ですので、女性に訴求するためには優れたデザインが必須となる。
・また、古いデータではありますが、女性は男性に比べ口コミの発信量が約2倍との調査結果もあり、サービスを広げる施策としても女性をグリップすることが重要。



④優れたデザインはグローバルな共通言語となる
・優れたデザインやUIは、言語ローカライズ不要のコミュニケーションツールとなり得る。
・近年、大きな志を持ってスタートアップするサービスはそのほとんどが当初からグローバル展開を意識していますが、その意味でもデザインは世界で成功するための登竜門として位置付けられる要素ではないか。


日本ではなかなか物の『デザイン』に対する意識や認識がまだまだ普及していないようですが、アップルの普及により、『デザイン』という定量化にしくいものの価値について、少しずつ広まっているのではないでしょうか?

そんな中でも、上記の記事は非常に示唆に富んだものです。

AとBというものを検討する際、よりデザイン検討されたAの方が良いよね?という漠然としたものから、より根底にある、デザインに対する強い意図が理由づけされています。

それは、モノやコトがヒットするためには必要な十分たる条件なのでしょう。
つまり、モノ、コトを企画する際、しっかりとインサイトに訴える、戦略に基づいたデザインはもはや必須ということでしょう。

なぜデザインが必要なのか?そしてなぜ人がそれを選ぶのか?

とても興味深いテーマです。
[PR]

by cobolabo | 2012-01-10 15:28 | つれづれ